ワークショップ

i-FES開催に合わせてインプロワークショップを開催します!

ブロードウェイダンスセンターの様にそこにいけば様々な方々の様々なワークショップが一気に受けられる...そんな理想を実現しました!経験者も初めての方も、演劇の人もそうでない方も、これを機にインプロ体験されてみてはいかがでしょう。i-FES開催記念ということで関係各位のご協力の元、かなりリーゾナブルな価格設定を実現させて頂きました。奮ってご参加下さい。

フェスティバルディレクター:
東京オレンジ主宰 横山仁一

□WSスケジュール

6月30日(土)7月1日(日)7月7日(土)7月8日(日)

※会場は全てしもきたEmuスタジオ(下北沢駅北口下車0分ピーコック4F)
※参加費用は全て2,000円(2つ目1,500円!3つ目以降1,000円!!)
※7.8sun1000-1200については小学生半額、未就学児無料
□参加申込:Emailによる受付(開催日前日24:00まで)

office@oranje.jp 宛に

-- 表題「i-FESワークショップ申込」
-- 本文
 1. 受講ワークショップ名(複数可)
 2. 参加者氏名(フリガナ)
 3. 年齢/性別
 4. インプロ経験
 5. 緊急連絡先(携帯電話番号)
6.30sat
1300-1500:『失敗しないと学べない#1/2』今井純(東京コメディストアJ)
▼ワークショップ概要:インプロでまず学ばなきゃいけないことは「失敗してハッピーでいること」。失敗していいと思ってステージに上がっている人は少ないと思います。「うまくやらなきゃ」・・・緊張してガチガチになるのは当たり前。自分の持ち味を発揮できなくなります。こなせる範囲内のことをやろうとします。失敗しないと本当に大事なことは学べません。失敗することに怖れがなくなれば、人前で自由に大胆にチャレンジすることができる。キース・ジョンストンは「プレイヤーがうまく失敗することを学ぶまで、ステージに上げない方がいい」と言います。
▼参加対象:どなたでも
▼定員:なし
▼講師プロフィール:今井純(いまいじゅん)
「東京コメディ・ストア」プロデューサー。アクターズ・スタジオの芸術監督フランク・カサロやインプロの世界的指導者キース・ジョンストンなどから演技表現法を学ぶ。キース・ジョンストンの二回の来日ワークショップでは通訳を務める。その他、ルースムース・シアターの芸術監督デニス・ケイヒル、リン・ピアスの通訳。長年、奈良橋陽子主催のUPSアカデミーで即興演技を指導。また、大手芸能事務所に出向し、TV、映画、舞台で活躍中の俳優やタレントに現場での即興的表現力や対応力を高める指導をし、好評を博している。 2011年「国際シアタースポーツ協会」のアジア地域代表理事となる。 著書に「自由になるのは大変なのだ」「即興し始めたニッポン人 ~キース・ジョンストンのインプロ~」全3巻がある。
1600-1800:『オレンジ的インプロの世界』
▼ワークショップ概要:現代社会で声高に叫ばれているコミュニケーションスキルってなんでしょう?俳優に必要なインプロ力(=即興力)とはなんでしょう?俳優時代に先輩達の即興エチュードで生み出される何かに、非常な憧れを持ちつつ、異常な苦手意識をぬぐい去れなかった元俳優・演出家がなけなしの知恵を振り絞って編み出した数々のコツと、本場で学び10年間の実践の上練り上げた方法論を通じて、現代社会を生きる上で必要なコミュニケーション力、舞台の上で戦うためのインプロ力の本質を体験してもらいます。
▼参加対象:初級〜
▼定員:12名
▼講師プロフィール:横山仁一(よこやまきみかず)
舞台演出家・劇団東京オレンジ主宰・洗足学園音楽大学講師
1992年早大劇研において、堺雅人、高橋洋らを中心に劇団東京オレンジ旗揚げ。「身体の衝動の連続こそが真の物語である」というシアタースポーツ的な発想をモットーに、継続的な身体訓練を行いながら、体系的なインプロヴィゼーションとディバイジングメソッドを用いたグループ創作によって、東京の新しいポップスタンダードの確立を目指す。劇団外では、洗足学園音楽大学、ENBUゼミ等で教鞭を執るなど、それぞれの個性を活かしカタチにする育成・演出には定評がある。インプロについては、絹川友梨氏との出会いの後、1999年シカゴ、ImprovOlympicにてシャラナ・ハルペン氏に、2000年カナダ、ルースムースシアターにてキースジョンストン氏にそれぞれ師事。青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム9期修了。
上へ戻る
7.1sun
1000-1200:『失敗しないと学べない#2/2』今井純(東京コメディストアJ)
▼ワークショップ概要:インプロでまず学ばなきゃいけないことは「失敗してハッピーでいること」。失敗していいと思ってステージに上がっている人は少ないと思います。「うまくやらなきゃ」・・・緊張してガチガチになるのは当たり前。自分の持ち味を発揮できなくなります。こなせる範囲内のことをやろうとします。失敗しないと本当に大事なことは学べません。失敗することに怖れがなくなれば、人前で自由に大胆にチャレンジすることができる。キース・ジョンストンは「プレイヤーがうまく失敗することを学ぶまで、ステージに上げない方がいい」と言います。
▼参加対象:どなたでも
▼定員:なし
▼講師プロフィール:今井純(いまいじゅん)
「東京コメディ・ストア」プロデューサー。アクターズ・スタジオの芸術監督フランク・カサロやインプロの世界的指導者キース・ジョンストンなどから演技表現法を学ぶ。キース・ジョンストンの二回の来日ワークショップでは通訳を務める。その他、ルースムース・シアターの芸術監督デニス・ケイヒル、リン・ピアスの通訳。長年、奈良橋陽子主催のUPSアカデミーで即興演技を指導。また、大手芸能事務所に出向し、TV、映画、舞台で活躍中の俳優やタレントに現場での即興的表現力や対応力を高める指導をし、好評を博している。 2011年「国際シアタースポーツ協会」のアジア地域代表理事となる。 著書に「自由になるのは大変なのだ」「即興し始めたニッポン人 ~キース・ジョンストンのインプロ~」全3巻がある。
1300-1500:『アプライドインプロ入門』樋栄ひかる
▼ワークショップ概要:
アプライドインプロとインプロとはどう違うの?
っという疑問を『プレゼンテーションスキル』を学ぶ講座を通してお応えいたします。
▼参加対象:インプロをやっている人
▼定員:20名
▼講師プロフィール:樋栄ひかる(ひえひかる)
教育界のエデュテイナー。
学びeducationと遊びentertainmentをかけ合せた目からウロコのエデュテイメントなプログラムを全国各地+アジアで展開中。
その実力は、毎年1500名の講師陣が集うIT系システムユーザー・カンファレンスで4年連続受賞→殿堂入りを果たすなど、日本人講師としてトップレベル。
自らも慶應義塾大学SFCにて講師を務めるほか、2012年からは大学教員向けの教育力向上にも邁進中。
参加者のココロを瞬時につかむ能力には定評があり、人呼んで、“アイスブレイクの魔法使い”! HP:http://ena-comm.com/
1600-1800:『即興実験学校インプロ・ワークショップ』
▼ワークショップ概要:
インプロ(即興演劇)を体験しながら学んでいきましょう。受け容れること、落ち着くこと、肯定的に考えること、自信を持つこと、失敗を恐れないこと、舞台の恐怖、想像力・創造力、協働、ストーリーテリング、キャラクターづくり、演出、観客との関係づくり、などについて、参加者のご希望に合わせながらやっていこうと思います。
▼参加対象:インプロに関心のある方。(はじめての方でもどうぞ)
▼定員:最大20名
▼講師プロフィール:高尾隆(たかおたかし)
東京学芸大学芸術・スポーツ科学系音楽・演劇講座演劇分野准教授。博士(社会学)。学校、劇場、企業、地域、福祉施設などでインプロ・ワークショップをおこなう。著書に『インプロ教育:即興演劇は創造性を育てるか?』『インプロする組織』『学校という劇場から』『ドラマ教育入門』『クリエイティヴ・アクション』など。インプログループ「即興実験学校」ではワークショップをおこない、舞台にも立つ。
上へ戻る
7.7sat
1300-1500:『スマイル☆インプロワークショップ』大浦さやか(インプロモーティブ)
▼ワークショップ概要:とにかく楽しい!元気になる!
10周年を迎えるインプロモーティブの仲間と一緒に、即興体験いたしましょう。
ハッピーの秘訣お教えします☆
▼参加対象:どなたでも
▼定員:20名
▼講師プロフィール:大浦さやか(おおうらさやか)  http://www.impromotive.com
(アシスタント 三上正晃)
【経歴】
インプロ歴15年。インプロモーティブ主宰
MC 司会 インプロ講師 演出 脚本 構成 イベント企画 歌手
2002年5月 即興エンターテインメント集団インプロモーティブを立ち上げる。
毎月公演 月刊即興 、 演劇公演 IMPROJAM  その他ミニ公演やイベント、プロデュース数 50作品
イベントその他 公演数 450ステージ以上
日本一パワフルなインプログループ
【講師実績】
劇団ひまわり/俳優養成所ABC/演劇集団キャラメルボックス/劇団タコあし電源/飛騨高山青年会議所/喜多方青年会議所/喜多方市職員労働組合/喜多方市民活動「たまてばこ」/喜多方市合併式典朗読講師/劇団フォーサム/ククルカン/株式会社アイシンク/八王子夢美術館/劇団東京オレンジ/桶川市子供会/ 上越教育大学/老人ホーム/HOMEOSTYLE/劇団ケトイシ/劇団熱血天使/ライオンズマンション竣工記念イベント/千葉県浦安市CPI(防犯ワークショップ)/大阪能勢高校/某プロダクション講師/大阪 セレンディラボ/Numenia/LLC/学生向け、就活インプロ/インプロmix交流会/調布市老人クラブ/武蔵野三鷹自然祭(三鷹市ネイチャープログラム)/美容室 リオグループ/お笑いインプロ
その他 労働組合様向け企業研修 etc
1600-1800:『“だんすだんすだんす”的ロングフォーム』
▼ワークショップ概要:“だんすだんすだんす”の即興へのアプローチを紹介します。
▼参加対象:どなたでも
▼定員:20名
▼講師プロフィール:今井敦(いまいあつし)
だんすだんすだんす主宰。
ザ・ス-パー・カムパニイ所属。
1977年劇団ザ・スーパー・カムパニーに入団(竹邑類主宰)。
その多くの作品に出演。
その他、ミュージカルをはじめとして数々の舞台に出演。
1995年 即興演劇(インプロ)との出会い。
2000年 独自の解釈による、即興演劇「だんすだんすだんす」を旗揚げ。 現在に至る。
上へ戻る
7.8sun
1000-1200:『即興実験学校・埼玉分校 子ども同室ワークショップ』
▼ワークショップ概要:子どもたちが遊ぶなかでインプロをします。「大人は、教育やしつけで傷つけられ萎縮した子ども」。必要なのは、思い切って飛び込むちょっとの勇気だけ。がんばらないで、ムリしないでやっていきます。引っ込み思案の方でも大丈夫。今はこんなにインプロ大好きな私たちも、始めたばかりの頃はインプロが怖くて仕方がありませんでしたから。子どもたちが一緒なので、ちょっと騒々しくなりますが、独り身の方もどうぞお気軽に!
▼参加対象:
インプロ(即興演劇)をやってみたい方なら、どなたでも。
インプロ、演劇の経験は問いません。初めてでも大丈夫です。
▼定員:
大人と子ども、それぞれ最大8人くらいまで
▼講師プロフィール:
中込裕美(なかごめひろみ)
1996年インプロに出会う。2001年よりグループ活動「即興実験学校」、2003年よりソロ活動「ケアとインプロ研究所」を主宰・活動するほか、大学・企業等でもインプロを指導。1年半の出産・育児休暇を経て、2011年12月より子連れで活動再開。

島田ミスズ(しまだみすず)
2000年インプロに出会う。「即興実験学校」初期に参加するも、しばらく活動を別にし、働きながら社会人劇団「メッテルニッヒ」にてインプロを活用しながら女優活動を続け、2010年より「即興実験学校」に再び参加、毎月インプロ公演にも出演。
1300-1500:『より良いコミュニケーションの為に』吉田敦(即興カニクラブ)
▼ワークショップ概要:インプロの素晴らしい理念に「イエスアンド=受け入れる」というキーワードがあります。インプロは相手を自分を「受け入れる」事から始まります。このゲーム体験を通して日常生活や仕事現場で必要とされるコミュニケーションの為のヒントを感じていただけたら幸いです。
▼参加対象:一般社会人の方、学生さん、子育て中のママさん他。より良いコミュニケーションの為のヒントを望んでらっしゃる方すべて。
▼定員:20名
▼講師プロフィール:吉田敦(よしだあつし)
演技講師:
俳優養成所アクターズクリニック専属講師。
インプロワークショップ「即興カニクラブ」主宰。
レギュラー講師:ホリプロ所属タレント、LDH(EXILE事務所)所属俳優他。
ワークショップファシリテーター:企業研修(フォルクスワーゲン、AIU保険他)、保育士研修(コダーイ研究所、大学就活講座(甲南大学、駒沢大学、多摩大学他)
1600-1800:『即興演劇集団FREECRUZ・インプロワークショップ』
▼ワークショップ概要:FREECRUZ、フリークルーズの名前は「自由な発想を持った乗組員が1つの船に乗って7つの海を就航して行く」という意味です。
今、一番失われつつあるものは「想像力」だと思います。
僕が敬愛するチャップリンは「人生に必要なものは、勇気と想像力と、ちょっとのお金」と言っています。
ちょっとのお金と勇気を持って、「想像力」を広げに来ませんか?
▼参加対象:どなたでも
▼定員:12名
▼講師プロフィール:鈴木一成(すずきかずなり)
New York3年間の滞在中に演技学校「HB Studio」で役者に目覚める。
日本で奈良橋陽子にメソード演技、岡田正子にベラ・レーヌ・システムを学ぶ。
吉田敦、今井純、リン・ピアス、キース・ジョンストンにインプロを学ぶ。
1997年、再度渡米しニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコでインプロ修行。
1998年、即興演劇集団FREECRUZを旗揚げ。
1997年からインプロの指導を開始。
自閉症児童との即興二人芝居をきっかけに真のコミュニケーションを探求したワークショップを展開。 http://freecruz.com
上へ戻る
Copyright (C) 1992-2012 TOKYO ORANGE All Rights Reserved.