第11回BeSeTo演劇祭参加作品
TOKYO ORANGE 2004
クロックワークオレンジシリーズ#2
PHOENIX
2004.11/7[Sun] 8[Mon]9[Tue]+*23[Tue]@都立戸山公園特設会場

構成・演出/横山 仁一

/牧山  祐
■■■■早川 紘生 朝比奈佑介 佐久間大器 金川 周平
■■■■住友 大気 石塚 隆行 竹内 洋介 大森 智治
■■■■宮田慎一郎 齋木 恭兵
■■■■黒川 順子 井上麻由子 岩永紗恵子 島田 千穂富山 聡子

■■■■ハロルド劇研スペシャル------
■■■■小林 恭子 佐藤 亜紀 吉井 俊輔 伊藤伸太朗
■■■■松本 大卒 内山 奈々 楢原  拓
■■■■他 劇研OB多数


タイムテーブル

11/7

BeSeTo演劇祭オープニングイベント参加企画
都立戸山公園特設会場

14:00
THEATRESPORTS8(TM)
BeSeToスペシャル

11/8

19:30
PHOENIX

11/9

19:30
PHOENIX

11/23

BeSeTo演劇祭フィナーレ「早大劇研祭」参加企画
早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ

火・祝

18:00
ハロルド劇研スペシャル

チケット:前売り・当日
   カンパ制(1,000円)[整理番号付自由席]
   ※
シアタースポーツTMは今回入場無料

チケット取扱い :東京オレンジ03-3202-0343

アクセス
都立戸山公園特設会場 ・東京メトロ東西線「早稲田」駅下車徒歩5分
・都バス 高田馬場駅発 早大正門行き「馬場下町」下車徒歩3分
早稲田大学大隈講堂裏劇研アトリエ ・東京メトロ東西線「早稲田」駅下車徒歩5分
・都バス 高田馬場駅発 早大正門行き「早大正門」下車徒歩0分


 

・照    明 :関口裕二(balance,inc.)
・音   響 :井上直裕(atSound)
・演出協力 :山崎亜希子
・即興ミュージシャン :長崎 勉
・舞台監督 :吉田慎一(MDC)
・衣  装 :村瀬夏夜
・宣伝美術 :nahooo(creative studio view, inc.)
・制   作 :中島まどか、西田武史
・制作協力 :(有)インプロジャパン
・企画/制作 :東京オレンジ

BeSeTo演劇祭
1994年、韓国の金義卿が、日本の鈴木忠志と中国の徐暁鐘に呼びかけて創設された日本、中国、韓国3カ国の共同の国際演劇祭「BeSeTo演劇祭」。Beijing(北京)、Seoul(ソウル)、Tokyo(東京)の頭文字をとって命名された。文化的な相互影響や異質性を確認しつつ、3カ国の芸術家による共同作業を通して、芸術を核とする相互理解を目的としている。1994年に第1回をソウルで開催、以後、東京、北京と3カ国で順に開催され、2004年の第11回は日本での4順目の開催となる。2001年の第8回日本開催より会場を東京から全国各地に拡げ、今回は東京を始め、利賀、鳥取、静岡の4カ所での開催となる。
★What's
クロックワークオレンジシリーズ#2 PHOENIX?

...................................................
クロックワークオレンジ(=時計仕掛けのオレンジ)」シリーズとは、インプロメソッドを特化したショー形式の「インプロヴィゼーショナルシアターシリーズ」に対し、ディバイジングメソッドを特化した構成演劇形式で、タイトルテーマに触発されて創られた数々の演劇的断片を完成パッケージとしてお届けするシリーズ。今回は「home(="家")」をテーマに現代東京の喪失感をディバイズしていきます。
★What's シアタースポーツTM BeSeToスペシャル
...................................................
シアタースポーツTM」は、その名もズバリ、スポーツを観戦するように楽しめる即興公演スタイルのひとつで、数々の即興ゲームに " チーム対抗戦形式 " で挑み、総得点を競い合います。今回は東京オレンジトレセン選抜が、ENBUゼミ選抜チーム、早大劇研選抜チームといったゲストチームを迎え撃ちます。
★What's ハロルド劇研スペシャル
...................................................
早大劇研現役アンサンブルの「チャリT企画」とタッグを組んでお送りするスペシャル企画!劇研OB多数殴り込み!新旧世代が入り乱れて一夜限り、大隈裏が即興バトルに揺れる!『ハロルド』とはロングフォームインプロのスタイルの名前。お客様からもらったお題から、様々なシーンスケッチグループゲームを、次から次へと即興で積み上げ、出演者と客席が一体となって、そのお題に関する巨大なイメージのパッチワークを創り上げていきます。

Copyrightン1993-2004 TOKYO ORANGE All Rights Reserved.